人気ブログランキング |

 昔話に花が咲く、というけれど思い出を語る人の目は優しい、本当に楽しみながら喋ることばには、張りもあれば艶もある、まさにその人の人生が凝縮されて聞き惚れる。福岡県行橋市で昭和45年(1970)に無くなった劇場の稲荷座。そこのお茶子の話を思い出す。

 昭和10年じゃったですよ。白川吉太郎さんが行事に「都座」ちゅう劇場を持っとって、それが焼けたんで行橋郵便局のところに「稲荷座」をつくったですけねぇ。大きなお城んような造りで、そりゃーぁ目立ちよったですよ。何本も幟が立って、賑やかじゃったですけねぇ~。舞台は朝、昼、晩の3回起こしよりましたが、いつもたくさんお客さんが来てくれましたけね。うちの人は〝大勘定〟ちゅう今の劇場の支配人ですかねえ、役者さんの引き受けからお金の支払いまで、ぜ~んぶ、うちの人がしよりました。わたしゃ〝お茶子〟ちゅうて、座布団を配ったり、菓子売ったり、劇場の掃除をしたりする仕事でしたけねぇ~。若い時分から1年中、休みなんちゃ、いっこもない、お茶子ばっかしの人生ですよ。

 稲荷座の舞台を踏んだんは、歌舞伎俳優の松本幸四郎さんや尾上松緑さん、浪曲の広沢虎造さん、長谷川一夫や三波春夫、春日八郎、美空ひばり、そりゃーもう、思い出せんほどおります。今、テレビにでちょる歳とった俳優さんは、みぃ~んな踏んじょりますよ。そう、そう、あの歌い手の村田英雄さんは、白川吉太郎さんが引受人になって稲荷座が初舞台やったですけねぇ。歳は15くらいやったでしょうか、師匠の酒井雲さんに連れられ、かすりの着物を着て舞台に出よったのを覚えちょります。うちの人たちから「がんばれ~」と声を掛けられよりましたよ。行橋の稲荷座ちゃー、有名なとこやったですけね~、なんか、こう、威厳ちゅうもんがあったですよ。飯塚の嘉穂劇場ですか、あすこよりは一回り大きかったような気がしちょります。昭和19年に稲荷座を買うた佐々木さんが、戦後は続けよりましたが、テレビが流行り出したんは、昭和30年頃ですかねぇー、やっぱあ、お客が入らんごとなったですね。劇場が崩れるんを、じっと見よって涙が出てきましたよ。わたしらみたいなお茶子だけしかしてこんもんに、劇場がのおなってから何ができるちゅうですか。

 これは40年前に訊いた話である。老婦人の語った記憶を記録に残しておくことも大事だろう。人それぞれの襞に刻まれた記憶を掘り起こすことも歴史を伝えることになる。


# by inakasanjin | 2021-01-22 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 国歌の「君が代」は、平成11年(1999)の「国旗及び国歌に関する法律」で正式に国の歌として法制化された。歌詞は平安時代の『古今和歌集』の和歌の1つで、作曲は明治13年(1880)イギリス陸軍のジョン・フェントン隊長によってつくられ薩摩藩の軍楽隊「薩摩バンド」が向島で明治天皇を前に披露したのが最初だといわれる。

  君が代は千代に八千代にさざれ石のいわおとなりてこけのむすまで明治36年(1903)ドイツで開かれた「世界国歌コンクール」で1等を受賞したという歌の歴史を追うと、九州が起源なのか「君が代」の足跡がいくつも残っている。

 まず歌詞だが、初出は聖徳太子が命じた秦河勝編纂『先代旧亊本記大成経』(620)の歴史書にあるとされ、読み人は不明。次に紀貫之編纂『古今和歌集』(912)に出て石位左衛門の詠みといわれるが、官位がなかったために「詠み人知らず」となったようだ。また藤原公任編纂『和漢朗詠集』(1018)にも載る。

 ところが金印(漢委奴国王印)発見(1931)の福岡県志賀島にある志賀海神社の社伝には、神功皇后が三韓出兵の際、食前で山誉の神事が行われ、古くから伝わる神楽歌「山誉め祭」(県指定有形民俗文化財)が舞われた。その中に「歌」の記述がある。


 君が代は千代に八千代にさざれいしのいわおとなりてこけのむすまで 

 あれはやあれこそは我君のみふねかや(略)志賀の浜長きを見れば幾代経らなむ香椎路に向いた  

 あの吹き上げの浜千代に八千代まで 今宵夜半につき給う御船(略)(―山誉め祭)


 また糸島一帯には、千代の松原の「ちよ」があり、細石神社の「さざれ石」と遺跡周辺には「いわら=いわお」の地名も残り、若宮神社には「苔牟須売神=こけむすめ」が祀られているなど神社・地名・祭神全てが揃っている「糸島」が歌のルーツだろうか。

 明治に入って、イギリス公使館から「国歌か儀礼音楽を設けるべき」との進言で薩摩藩大山弥助(巌)は戦国武将の島津忠良(日新斎)作詞と伝わる薩摩琵琶の「蓬莱山」の「目出度やな君が恵みは久方の光りのどけき(略)峯の小松に雛鶴棲みて谷の小川に亀遊ぶ君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで(略)仁義正しき御代の春蓬莱山とは是とかや(略)」の一節を薩摩藩軍楽隊に渡してメロディーが生まれたとされる。


# by inakasanjin | 2021-01-15 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)

名こそ惜しけれ

 正月2日、数年前から友と近くの山を登り始めた。福岡県行橋市とみやこ町境に聳える馬ケ岳(標高216㍍)だ。この山、2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に登場して脚光を浴びた山である。天正15年(1587)黒田官兵衛が豊臣秀吉から豊前六郡を拝領し最初に居城とした場所である。山頂からは京都(みやこ)平野が一望、素晴らしい眺めだ。
 馬ケ岳城は、天慶5年(942)源経基が築いたと伝えられ、戦略上の重要拠点として様々な攻防が時を超えて繰り返された。この山頂の本丸跡に坂東武士の流れをくむ「新田公表忠碑」が建っている。表忠碑を拝み、歴史の山を歩き、武士道などの話が歩を軽くした。
 司馬遼太郎の好きな言葉に「名こそ惜しけれ」があると言う。彼の『この国のかたち』に「日本史が、中国や朝鮮の歴史と全く似ない歴史をたどりはじめるのは、鎌倉幕府という、素朴なリアリズムをよりどころにする〝百姓゛の政権が誕生してからである。私どもは、これを誇りにしたい。(略)鎌倉武士のモラルであり心意気であった『名こそ惜しけれ』。恥ずかしいことをするな、という坂東武士の精神は、その後の日本の非貴族階級に強い影響をあたえ、いまも一部のすがすがしい日本人の中で生きている。」とあり、鼎談で「そういうことをしちゃおれの名にかかわるという精神のありようですが、この一言で西洋の倫理体系に対決できます。ほとんどの日本人は『名こそ惜しけれ』で生きてきました。この場合の名というのはいったい何かといったら、自分の名前なんです。」と語っている。
 坂東武士で育った「美学」は、生きるうえでの基本、基準で「名こそ惜しけれ」であり、これは熱烈な宗教でもなく、ごく普通の民衆の心根として続いてきたからこそ、外国での日本人評価も高くなっているのではなかろうか。ここで「百人一首」の二首を採ってみる。

   春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそをしけれ   周防内侍
   恨みわびほさぬ袖だにあるものを恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ  相模

 今、どれだけの人が名を惜しんで生きているだろうか。吉田松陰は「かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」と詠み、新渡戸稲造は「武士道は、日本の象徴である桜花にまさるとも劣らない、日本の土壌に固有の華である」と記す。原点に戻り、先人の遺した言葉を受け入れ、寛容な心を持ち、自分の「名を惜しむ」時代を歩んでいきたい。

# by inakasanjin | 2021-01-08 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 霊峰・富士山(標高3776・12㍍)は、静岡と山梨に跨る活火山。多くの登山者が頂上を目指す。例年、7月1日に山梨、10日に静岡ルートの山開きが行われ、期間中、約30万余人で賑わうようだ。霊山を詠む「かたつぶりそろそろ登れ富士の山 小林一茶」など多くの吟が遺る名峰・富士山。最初に登った国内外の人物は誰なのか、を追ってみる。

 富士登山の歴史を繙くと、聖徳太子が馬で登った伝説だとか、修験道の開祖・役小角、末代上人(1103~不祥)など登場するが、記録確認ができるのは、富士山を崇拝する人々で組織された富士講開祖の長谷川角行(1541~1646)が、永禄6年(1563)に富士の人穴で修行したのが最初だといわれる。角行は、長崎で生まれ、各地の山岳霊場をめぐり、秘儀を感得、その呪法を伝える修験風の富士道の行者となった。後、富士信仰が高まり「富士講」が広まって江戸時代初期から多くの庶民が富士登山を行うようになった。

 霊峰・富士は女人禁制の山だった。ところが天保3年(1833)に富士講信者の高山たつ(1813~76)が男装の行者姿で仲間と登り、古文書に「・・御頂上迄女の登山初・・」と記されている。明治5年(1872)に富士山の「女人結界」が解かれる約40年前のことだった。彼女はキリシタン大名・高山右近の直系親族で、尾張名古屋藩の奥女中だった。富士山への女性登頂の道が拓かれ、また男女平等の道が説かれ「禁制」の無くなった入山に、何臆することなく富士登山をする女性たちの姿が多くなった。

 外国人の富士登山第1号は、初代イギリス駐日総領事を務めた医師でもあるラザフォード・オールコック(1809~97)が、万延元年(1860)に登ったのが最初だった。彼は、幕末の日本を紹介する『大君の都』を著し「ロンドン万国博覧会」開催に尽力した。

 また外国人女性の初登頂は、大政奉還のあった慶応3年(1867)にイギリス駐日公使のハリー・パークス(1828~85)の夫人が、夫や友人とともに厳しい自然環境の中、幾多の困難を切り抜け、雪に覆われた神聖な日本の最も高い地に立つ女性になった。

 日本を象徴する富士山への「富士信仰」は、地元に遺る縄文時代以前の配石遺構(ストーンサークル)をはじめ、平安時代の古書には民衆に広がる信仰の記述も残る。日本人の心の古里である富士山は、平成25年(2013)に「世界文化遺産」に登録された。


# by inakasanjin | 2021-01-01 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)

ありのまま、で生きる

 ある地域で、ある人とまちづくりの遣り取りで「いい、加減の真面目」が大切だと答えると「いい加減はいけません」と返って来た。「いい加減」ではなく「いい、加減」なのです「加減を知ること」なのです、と説明、すると納得した。
 まちづくりの話し合いでは、こうしたい、ああしたい、甲論乙駁、喧々轟々の意見が飛び交う。それはそれでいい、しかし真面目に全ての意見を通すことは決してできない。そこでお互いが理解し、折り合い、いい案になるように集約し、適度なところで結論を出す。それがまとめ役の努めであろう。結論を出せない話し合いは話にならない。こうありたい、まちづくりの原点は、やはり人の折り合う心からがスタート。

 ある地域の特産品作りに参加した折、ものづくりのヒントを提示、それは地域の歴史に根差し、見渡せば無料の材料がいくらでもある。地域のお年寄りに自由に作ってもらった。難しい作業ではない、それぞれの創意工夫で立派な〝商品〟ができた。その地域で生れてこそ意味があった。それは何処ででも人が使え、独特な味わいある書が揮毫できる樹木に絡まる蔓で作った「かずら筆」だ。平成元年のことだった。

 かずら筆づくりの主人公は地域のお年寄り。だから関わった我々は徹底して黒子で仕掛人に徹した。商品は〝モノ〟が善かったのと田舎のお年よりの真面目さが良かったのだろう、各メディアが大きく、何度も取り上げてくれた。こうした仕掛けは、軌道に乗れば、あとは「郷土のモノ」として広がっていけばいい、だから姿を消した。

 仕掛人は、すぐそばに居て、一番深い立ち位置だけれど、もっとも遠いところに居る見守り役でもあると思う。仕掛にもいろんなスタイルがあるだろうが、黒子で、人や地域を引っ張って行くより、人や地域を押し出して行く方が、楽しめる。とにかく黒子の楽しみは、相手には見えないからいろんな仕掛けができる。それがいい。

 いつも心がけている言葉がある。
 ・・・なにも足さない なにも引かない・・・だ。

 これはサントリー山崎の宣伝で1990年に発表された。コピーライター・西村佳也(よしなり・1942~)の作品。この言葉の後には「ありのまま。そのまま。この単純の複雑なこと」とある。人生も、そう、素のまま、ありのまま、で生きることができればいい。世の中なるようにしかならない、で、なるようになって過ぎてゆく。

# by inakasanjin | 2020-12-25 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)