人気ブログランキング |

 詩人の金子みすゞ(1903~30)は、詩人で仏文学者の西條八十(1892~1970)が、雑誌『童話』(大正13年〈1923〉九月号)に、彼女の「お魚」を選んで掲載したのがスタートのようだ。後、彼は、みすゞを「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛した。

  海の魚はかわいそう。お米は人につくられる、牛は牧場で飼われてる、 
  鯉もお池で麩をもらう。けれども海のお魚は なんにも世話にならないし いたずら
  一つしないのに こうして私に食べられる ほんとに魚はかわいそう  (お魚)

 西條の随想「下関の一夜」には、みすゞとの僅かな出会いが「夕ぐれ下関駅におりて……とりつくろはぬ蓬髪に不断着の儘、背には一、二歳のわが子を負っていた。作品に於いては英のクリスティナ・ロセッティ女史に遜らぬ華やかな幻想を示してゐたこの若い女詩人は……小さな商店の内儀のやうであった。しかし、彼女の容貌は端麗で、その眼は黒曜石のやうに深く輝いていた。『お目にかかりたさに山を越えてまゐりました。これからまた山を越えて家へ戻ります』と彼女は言った……」と記されている。3年後、彼女は服毒自殺した。

 この一文のクリスティナ・ロセッティ(1830~94)に「風」という詩があり、日本では「風をみたひと」(木島始訳)として美しいハーモニーの合唱曲になっているようだ。

  風をみたひとが いるかしら? あなたも わたしも 見ちゃいません 
  でも 葉っぱが 垂れて ふるえていたら 風が 吹きすぎているのです
  風をみたひとが いるかしら? あなたも わたしも 見ちゃいません
  でも 木々が 頭で おじぎをしたら 風が 吹きすぎているのです(風をみたひと)

 みすゞの詩作は、5年余で512篇を詠んだとされる。「私と小鳥と鈴と」や「大漁」など口ずさむ詩がいくつもある。生きる辛さに光をあてる。「積もった雪」もそうだ。

  上の雪 さむかろな。つめたい月がさしてゐて。下の雪 重かろな。何百人もの
  せてゐて。中の雪 さみしかろな。空も地面もみえないで。 (積もった雪)

 みすゞは、我が子の親権を前夫に取られようとする前日、子の寝顔を見て二階の部屋に上がり「一跳ね、跳ねれば、昨夜見た、遠い星の元へも、行かれるぞ。ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ……明日よりは 何を書こうぞ さびしさよ……」と。枕辺に睡眠薬。


# by inakasanjin | 2021-02-26 09:00 | 文学つれづれ | Comments(0)

 福岡県みやこ町の民芸品「かずら筆」は、平成元年(1989)に木井馬場柿ノ木原の古老らによって百年ぶりに再興された。筆の指導には、節丸の書家・棚田看山さん(73)があたった。彼は高校の書道教諭をしていて、昭和後期、福岡県の「書道副読本」に小倉藩の小笠原藩主の手習い師範を務めていた能書家・下枝董村(1807~85)を取り上げていた。彼自身、董村書の蒐集家でもあった。古老らは「かずら筆」作りを愉しんだ。
 董村は企救郡小倉城下(現北九州市)に生まれ、7歳から書を習い始め、非才に加え努力家でもあった。藩主の師範を務め、明治には日本書家十傑の1人とされた。豊前と長州が戦った豊長戦争(1866)で小倉城が炎上後、草深い山間の木井谷の一隅に居を構え、村人らとの交流を深めた。辺鄙な里では、筆や墨、紙などの入手は困難だった。それで、彼は山中にある「蔓」を叩いて「筆」とし、せせらぎの水を「墨」にかえ、川底に転がる乾いた大石を「紙」として書の研鑽を続けた。村人は、彼の「書に徹する」姿を“現人神”と崇めた。
 古老らは野辺や山中を捜して持ち帰った「かずら」を木槌で叩いて、ほぐす「筆」作りに日々励んだ。蔓の表皮を除くと繊維が糸を束ねたようになっている。それを木槌が筆にする。小さな村の特産品は全国の物産展でも好評を博した。そして「かずら筆」での揮毫は「意外なおもしろい字が描ける」と自然で素朴な筆は、書家にとって特異な筆になった。
 平成に蘇った全国的にも珍しい「かずら筆」での独特な味わいの「書」が次第に広がっていった。董村研究の第1人者である棚田さんは「やわらかい筆でやわらかい字は書けるが、
かたい筆でやわらかい字を書くことこそが書の極意」といい「董村の書は日本一と言っていいくらい凄い字」だという。そして董村の唯一「かな」の流れるような書を紹介。

  むらぎものこころのかがみくもらずば神としまつるときもあるらむ  七十二湖海翁

 小倉城内に屹立する「筆塚」は北九州文化のシンボルとしての石碑。この「筆」と「塚」
の2文字は、書の道を究めた董村の筆跡から採られたといわれる。
 かずら筆は、大胆雄渾な字を生み、自然の力強さも伝える。小倉藩に育まれた「筆の心、書の心」が伝わればと、一般社団法人豊前国小笠原協会(川上義光代表)は、貴重な文化遺産として遺るかずら筆揮毫「小倉城」の「書」を贈ったと聞く。御城印に全国唯一「かずら筆の書」が印された。

# by inakasanjin | 2021-02-19 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

晶子が詠む、しのぶ愛

 昭和天皇が崩御された後、元号「昭和」を起草した漢学者・吉田増蔵が各メディアに採り上げられた。吉田の人となりを追う中、彼は、与謝野鉄幹が亡くなった時「追悼の七言律詩を贈った。その漢詩を使って妻晶子が五十六首の短歌を作っている」との記事があった。長年、気になっていた。最近、ネット検索で平成9年に発足した与謝野晶子倶楽部(堺市文化部文化課内)を知り「追悼漢詩」を尋ねるメールを送ると、速やかな丁寧対応で待望の「資料」が事務局から送られてきた。感謝だ。
 与謝野資料は、逸見久美ほか編『鉄幹晶子全集』(勉誠出版)に拠るものだった。鉄幹没後に詠んだ晶子の「寝園」106首の前書きに「故人の五七日に吉田学軒師より(略)詩を賜りたれば、この五十六字を一つづつ歌に結びて詠める」とある。

  楓樹蕭蕭杜宇天 不如帰去奈何伝
  読経壇下千行涙 合掌龕前一縷香
  志業未成真可恨 声名空在転堪憐
  平生歓語幾回首 旧夢茫茫十四年

  青空のもとに楓のひろがりて君亡き夏の初まれるかな
  あな不思議白き柩に居給ひぬ天稚彦と申す神の子
  取り出でて死なぬ文字をば読む朝はなほ永久の恋とおぼゆる
  ありし日と今日を合せて世と云はばうらなつかしくいとはしきかな
  継ぎぬべき志をば説く時も父に似る子が猿楽を云ふ
  わりなけれ似ると思ひし子の声も似ざる声をば聞かんとぞ思ふ
  平らかに今三とせほど十とせほど二十年ほどもいまさましかば
  手をわれに任せて死にぬ旧人を忘れざりしは三十とせの前
 
 歌は55首がならび「香」は縁語的に詠まれ「可」は「べし」で「成」の字は採られず1首なし、何故だか謎。鉄幹(1873~1935)は京都、晶子(1878~1942)は大阪、増蔵(1866~1941)は福岡。3人の交流は島根の森鷗外(1862~1922)を通して深まった。鉄幹、晶子ともに漢詩の師として増蔵を尊敬。歌は、ともに歩んだ夫婦の来し方行く末、人、世を偲ぶ愛を詠み、心に沁む。

# by inakasanjin | 2021-02-12 09:00 | 文学つれづれ | Comments(0)

 この度、「令和田舎日記」を、田舎日記シリーズ四冊目として刊行できました。

 これまで『田舎日記/一文一筆』(108篇=書家・棚田看山と共著/2014年)と『田舎日記・一写一心』(108篇=写真家・木村尚典と共著/2016年)そして『平成田舎日記』(365篇=単独/2019年)を読んでいただいている。2008年から書き継ぐ千字文を纏めたものだ。今回の『令和田舎日記』も365編を収めたものだが、全て「令和」に書いたものではなく「平成」に書いたものも合わせて収録した。

 好きな俳句に「去年今年貫く棒の如きもの 虚子」がある。過ぎた年も、今、生きる年も、やがて来る年も、決して途切れることはない。時は永遠、で、繋がり続ける。

 「令和」を生きる「今」刊行する書籍だから『令和田舎日記』とした。

 10年ひと昔という。暮らしの中で「田舎日記」を書き継いでいる。1日の起床から就寝までの「1日日記」と並行して、3日に1篇の「田舎日記」を書き継げるのは、いかにヒトやモノ、コトを知らないかの証だとも思う。あれもこれも、いろんなものが、ああそうだったのかと、まさに〝学び直し〟の日々である。どうでもいいことかもしれない、が、ちょっとした言葉に魅かれ、調べると、どうでもいいにはならない。不思議と引き込まれていく。さりげない暮らしの中で、あれっ、と思う瞬間がよくあり、辿れば、意外に大切なものが隠れていたりする。こうした想いができるのも、海や川、野や林、森がすぐそばにある「田舎ぐらし」によって培われたものかも知れない。ごく当たり前のことだが、私たちは、めぐりくる季節によって日々の変化の新鮮さを感じてきた。

 しかし、今、その自然の大事な営みのサイクルを忘れているような気がしてならない。

 最近、田舎の良さ、田舎の強さを改めて考えさせられる事象に遭遇したと思う。コロナウイルスの感染は「都会」の広がりに比べ「田舎」への浸透は抑えられていた。これは自然力の強さかも知れない。すでに「都会ぐらし」に見切りをつけて「田舎ぐらし」にシフトする動きも始まった。生活に不便だといわれる「田舎生活」が、いかに自然が人間を包み、守るいい環境を保っているかをウイルスが教えてくれたのでは、と思う。

 生きて残せるものがあるとするなら歩いてきた道の言葉だろう。良寛、ガラシャ夫人の辞世に、その究極の思いをめぐらすことができる我が国の風土と人に感謝したい。


  裏を見せ表を見せて散る紅葉               良寛

  散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ   ガラシャ夫人


 言葉に生き、ことばで暮らし、言葉を遺せる営みがあるのをありがたく思う。





# by inakasanjin | 2021-02-05 09:00 | 田舎日記 | Comments(0)

 短文の世界も面白い。わが民族は、17文字の俳句、31文字の短歌と短文での表現を広く浸透させている。詩の世界でも短詩があるようで、象徴的なのは、やはり詩人・草野心平のタイトル「冬眠」の「●」だけだろう。これですべてを表現しているそうだ。

 文章の「起承転結」をベースに、10字×4行の「40字」の世界に遊んでみる。


 田舎暮しはいい。陽を   人は、騙される方がい   心静かに時を待つ、期

 浴びて、澄んだ空を眺   い、罪がない。今の世   待をしなければ落胆も

 め、涼やかな風に吹か   最初から騙すつもりで   無い。不思議に自然の

 れる。そんな日々だ。   いるから始末が悪い。   まま、答が生まれる。 

     ※※           ※※           ※※

 拘りを捨てれば素直に   田舎ん者が、ち言いよ   毎日、何をしているの

 なれる。無理を通すと   る、都会者が、なんぼ   か、解らないのは、何

 「忖度」も加わり無駄   のもんじゃ。宝を見つ   気なくの「気」だけに

 骨を折ることになる。   けることもできめぇ。   頼っているからかな。

     ※※           ※※           ※※ 

 嫌味を言われて黙って   友が逝った。いずれ我   どうするか、に、どう

 いれば、当たり前だと   も逝くだろう。なるよ   でもいい、というが、

 勘違い。嫌味は、後味   うにしかならない道行   困ったもので、投げ槍

 悪いと伝えるべきだ。   きに添うしかないか。   は怖い。どうするか。

     ※※           ※※           ※※

 知らぬが仏という、が   これからは歴史に添っ   空を仰ぎ、海に潜って

 知らなくていいことも   て風土に合ったフード   川で泳ぐ。野を駆けて

 多々ある。知って得を   ビジネスがブームにな   林を歩いて森に入る。

 取るより、仏がいい。   ろう。そんな時だな。   自然遊びは乙なもの。


 自由な詞選びで、楽しめる世界が広がる。俳句や短歌にはない、また違った味わいのあ

る創作ができるようだ。短文だからこそ、大きく広い、深くて重い、詞を捜すことになる。


# by inakasanjin | 2021-01-29 09:00 | 文学つれづれ | Comments(0)