人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小次郎と武蔵を追う 

 中野喜代「『小次郎』考―新資料をもとに」(『歴史研究』五〇八号)の随想文を頂いた。
 これは「旧福岡藩士大塚家に『岩流小次郎』に関する未公開の文書が伝えられている」の書き出しで始まり「今遙に往昔を稽るに、慶長十三年甲戌の夏六月廿九日とかや(略)互に計て彼舟島偏にして人家なきに便りて勝負を争へろ(略)岩流片輪の態の中折と見へしか、立ところに倒れ伏して息は絶て不蘇けり 嗚呼哀し」と記す『木刀之記』という小次郎と武蔵の巌流島の決闘に至る経過を記した文書のようだ。
 これまで「決闘」は「慶長十七年四月十三日」だったが「慶長十三年六月二十九日」となっている。その二人が交わした「高札」の史料で、小次郎の姓は「佐々木」ではなく「渡辺」となっている。

 「(略)然者一両日此方兵法伍被下由聞候 就其白は而仕相相望申候間、各御心懸之衆中御見物可被成者也 五月廿二日 日城無双岩流 渡辺小次郎」

 これに対し「武蔵合札」として武蔵からの返答の札がある。

 「札之面近比やさ敷望而候 去々年於大坂如札高札計は白刃我等木刀と立置候(略)明日廿四日牛ノ刻赤まかせき而可仕候(略)五月廿三日 天下一宮本武蔵守」

 さらに「日城無双廿四日未明赤間か関来 又札ヲ立也 昨日之合札見申候付而未明ヨリ参候 今日牛刻札心得申、我等は白はに定申候 木刀者命御かはい候とおかしく候(略)」の小次郎からの札が立ち、それに対する武蔵からの返し札が立つ。

 「(略)右如申我等者何時も木刀候 其方者すきのしらは可然候(略)さのみいのちいそがれ間敷候 今一時計而手なミの程見せ可申候者也 慶長拾三年六月廿九日」

 佐々木小次郎(~一六一二)は、豊前国副田庄(福岡県)と越前国宇坂庄(福井県)の生まれとあり、宮本武蔵(一五八二~一六四五)は『五輪書』に「生国播磨」(兵庫県)で『東作誌』に「美作国宮本村」(岡山県)とある。ともに二説の出生地。兵法は武蔵の「二天一流」と小次郎の「燕返し」が知られる。が、武蔵の「小倉碑文」に記された決闘相手の小次郎の名は「岩流」で「佐々木」姓が出てくるのは、武蔵没一三〇年後の文書『二天記』が初めてだ。小説や映画によく登場する二人だが、謎を秘めた武術家だ。歴史は脚色されると云われるが、埋もれた真実が、何時の日か、現れくるのを忘れてはなるまい。


# by inakasanjin | 2020-04-10 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)

「昭和」のふるさと 

 みやこ町勝山の「ゆいの郷」で話をした。その日は雪だった。あたり一面真っ白で、スッキリした景色が拡がっていた。会場に着く頃、みぞれになって厳しい寒さだった。人は集まるだろうか、と心配したが、会場は満席になった。
 「昭和」を創案した郷土の学者を偲ぼうと、吉田学軒顕彰会の発足式に参加。そこで行橋市図書館長の城戸淳一さんと分担して「学軒吉田増蔵の世界」を話した。
 吉田増蔵は、慶応二年(一八六六)勝山上田で生まれ、行橋市上稗田で村上仏山が開いた私塾「水哉園」に学んだ漢学者。明治十六年(一八八三)に上京して日々勉学に励んだ。そして明治三十四年(一九〇一)四月、宮内省判任文官試験に合格、御料局に勤めた。丁度、その月の二十九日に裕仁親王がお生まれになった。ちなみに、その年はノーベル賞が制定された年でもある。
 増蔵は、その後、宮内省を辞し、京都大学に入り、支那哲学を修め、奈良女子高等師範教授などを歴任。漢学を実用学として復活、名声を高めていった。そうした中で大正七年に森鴎外との出会いがあった。鷗外は宮内省図書頭として奉職。大正九年、増蔵は再び宮内省の図書寮編修官になり、鴎外との師弟関係がスタートした。
 鷗外と元号研究をすすめた。しかし大正十一年、鴎外は永眠。志半ばの鴎外の夢を増蔵は担うことになった。元号選定にあたっては、内閣から国府種徳が「立成、定業、光文、章明、協中」宮内省から増蔵が「神和、元化、昭和、同和、神化」が勧進された。そして「大正十五年十二月二十五日以降を改めて昭和元年と為す」詔書が発表された。
 元号は、大化(六四五)から始まり昭和は二四六番目。
 この「昭和」二文字を生んだふるさとを知ってもらおうと、有志が集った。いずれ形あるものとして「昭和」の証しができるだろう。伝えなければならないものは、伝える努力が大事だ。顕彰会では会員を募っている。元号に賛否両論 あるだろう、しかし世界に一つしかない文化であるとした なら、守ることが生きている者の務めではなかろうか。  
 住んでいる郷土で、伝えるもの、残すもの、を見分ける賢さを、生活の中で見つけていくことが大切だろう。


# by inakasanjin | 2020-04-03 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 豊前国の戦国大名・宇都宮鎮房(一五三六~八八)は、豊臣秀吉(一五三七~九八)の命により黒田長政(一五六八~一六二三)から中津城で謀殺され一族が滅ぼされた。原因の一つに秀吉から求められた「小倉色紙」の提出を拒んだからだとの説がある。小倉色紙とは藤原定家(一一六二~一二四一)筆といわれる「小倉百人一首」の色紙である。
 なぜ宇都宮家に「小倉色紙」があるのかは、時代を遡らなければならない。
 小倉色紙(=小倉山荘色紙和歌)は、鎌倉時代前期の武士・御家人であり歌人であった宇都宮五代当主・宇都宮頼綱(一一七八~一二五九)に起因する。彼は源頼朝の乳母に育てられ、同族である藤原定家とは、娘を嫡男に嫁がせるほど親交が深かった。頼綱は元久二年(一二〇五)に三代将軍・源実朝への謀反嫌疑をかけられるが、鎌倉政庁の追討からは逃れた。後、謀反の意がないことを陳述、出家し法名・蓮生を名乗った。京都嵯峨野の小倉山麓に庵を設けて隠遁した。彼は父親譲りの歌人として優れており、京都歌壇、鎌倉歌壇とともに日本三大歌壇といわれるほどの宇都宮歌壇の礎をそこで築いた。
 文暦二年(一二三五)頼綱は小倉山荘の襖装飾に貼る色紙を定家に依頼した。その要請を受けて、定家は天智天皇をはじめとする古今歌人の和歌一〇〇首を選んだとされる。
 藤原定家が「小倉山荘で編纂」し、色紙染筆の「小倉色紙」が「小倉百人一首」と呼ばれるようになった。色紙は、珍重がられ、価格も高騰、贋作も多く出回ったそうだ。
 宇都宮家には「小倉色紙」が伝わった。京都や下野、豊前などの地を治めた宇都宮一族に「色紙」は受け継がれていた。豊前に伝わった「色紙」が秀吉との軋轢を生むことになったと言われる。もし定家の「色紙」が一族を滅ぼしたというのであれば余りにも悲しい。
 ところで、蓮生(宇都宮頼綱)の詠んだ歌が残っている。

   さてもまた忍ばむとこそ思ひつれたが心よりおつる涙ぞ
   甲斐が嶺ははや雪白し神な月しぐれて越ゆるさやの中山
   いかにせむ身に七十路の過ぎにしを昨日も思へば今日も暮れぬる

 小倉百人一首は「歌がるた」として親しまれている。それに「宇都宮」の悲劇が隠されているとするなら郷土武将だけに身につまされる、が、なぜか「百人一首」が近しく思える。


# by inakasanjin | 2020-03-27 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 令和元年(二〇一九)五月一日から「令和時代」がスタートした。平成三一年四月一日に発表された新元号「令和」の出典は「万葉集は幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書」(安倍晋三首相談)からと説明された。
 延暦二五年(八〇六)に完成したという『万葉集』の「梅花の宴―序」に記す。

  初春令月(初春の令月にして)
  気淑風和(気潔く風和ぎ)

 この「令月」と「風和」から二四八番目の元号「令和」が導かれた。ところが、これまでの元号は中国古典(漢籍)からだったのが、初めて「国書」からと、あまりにも国書、国書と喧伝するものだから、その嵐の中に一矢が放たれた。それはどうかな、という意見だ。
 中国で六世紀編纂の詩文集『文選(もんぜん)』に地震学の先駆と言われる科学者で文人の脹衡(ちょうこう七八~一三九)が『歸田賦(きでんのふ)』(一三八年頃作)に記す。

  仲春令月(仲春の令月)
  時和気清(時和して気清し)

 また『歸田賦』が中国の五経(易経・書経・詩経・礼記・春秋)の中の『礼記』から影響を受けているとされ、『礼記』の「経解篇」と「月令編」に興味深いフレーズがある。

 「発号出令而民説(天子が命令を発し人々が幸せになる)
  謂之和    (即ちこれを和という)」  ――経解篇
 「命相布徳和令(臣下の相に命じて徳政を敷き勅令を公布)」――月令篇

 さらに『万葉集』の記述は、中国の書聖・王義之(三〇一~六一)の『蘭亭序』(三五三年作)の「天朗気清 惠風和暢(空晴れ渡り空気澄み 春風のびやかに流れる)」にも拠るという。結果、元は中国の『四書五経』に辿りつく。そもそも漢字が中国伝来なので、純粋に「国書」から出典というのは難しいようだ。今回、元号選考終盤になって「令和」が追加された案だと漏れ伝わるのが妙だ。ただ江戸時代に「令徳」案が出され「徳川に命令」との意味ありと幕府が撤回させたという。だったら「令和」は「和(日本)に命令」となるが、どんな議論になったのだろう。「令」「和」ともに「0(ゼロ)」からの出発だろう。

# by inakasanjin | 2020-03-20 09:00 | 田舎日記 | Comments(0)

 令和二年(二〇二〇)三月一一日の政府主催による東日本大震災(死者・行方不明一八四二八人)の追悼式が新型コロナウイルス感染防止のため中止になった。阪神淡路大震災(一九九五年一月一七日/死者・行方不明六四三七人)しかり、毎年の〝命日〟は追悼の日。自然災害による被災は宿命として理解するが、人為による被災は怨念と後悔が募る。
 二〇〇一年九月一一日の米国同時多発テロ(死者二九九六人)など人が人を殺す〝被害〟は無くさなければならない。国と国の戦争で人が人を殺す行為も絶滅しなければならない。 
3・11に関連して「東京大空襲3・10」を「忘れてはなるまい」と「忘れ去られている」事象を、改めて、あるメディアが取り上げていた。大空襲による〝被害〟を追う。
 昭和二〇年(一九四五)三月一〇日、午前〇時八分から二時三七分まで〝東京帝都〟は米軍のB29大規模空爆で「下町」を中心に死者(一〇万人超)負傷者(一一万人余)被災者(一〇〇万人超)がでた。二時間余の人為災害の〝被害〟は自然災害の比ではなかった。
 太平洋戦争終結までに空襲による日本人の死者は総計三〇万人超といわれ、原爆による広島(死者一四万人余)と長崎(死者七・四万人余)を加えると五〇万人を超す。これは外国のドイツ・ドレスデン大爆撃(死者一・八万人余)やイギリス・ロンドン空爆(死者二万人余)に比べると、日本の被った空爆被害が如何に異常なものかがわかる。
 とにかく東京大空襲が「山の手」ではなく住宅密集地の「下町」を狙って実行されたのは、焼夷弾爆撃が攻撃対象を焼き払うことを目的としており、まさに東京を焼け野原にしてしまうことだった。人が逃げ遅れ、焼け焦げて転がったまま、逃げ延びた先の河原でも折り重なった死体は、狂気ただよう悲惨な光景として記憶に刻まれた。地獄の景色が広がった。
 米国による焼夷弾攻撃は、日本家屋が木造で燃えやすい構造であることを踏まえ、詳細なデーターを収集、解析を行い、模型を作ってアリゾナ州の沙漠で実験を繰り返した後の「東京空襲作戦」といわれる。米国の「組織的かつ徹底的な分析作業」を進めての実戦は「やることなすこと場当たり的」な日本とは比較にならないだろう。何事も同じだ。
 今、大きな犠牲のあった「東京大空襲」に、日本国民のどれほどの人が想いを寄せているだろうか、公的な慰霊碑さえない。忘れてはならない「3・10」を「忘れまい」。


# by inakasanjin | 2020-03-13 14:58 | 田舎日記 | Comments(0)