人気ブログランキング | 話題のタグを見る

菊芋づくりはGセブンが源


 福岡県築上町の中安洋子さん(64)が令和5年(2022)度の「キクイモ地域特産物マイスター」に認定された。これまでの実績が評価され、今後、活動の促進や技術アドバイザーとして地域活性化の役割を担うことになる。彼女の「菊芋」への関りを追ってみる。

 最初、父が「広島の宿の朝食のイモの味が良かった」といい「売店で生イモを売っていたので買って帰った」と、名も知らずに上城井地区の2畝(約2㌃)の畑で耕作を始めたのが昭和の終わり頃。菊に似た花が咲くことから菊芋と分かった。平成20年(2008)、父から「種失いだけはするな」といわれ、菊芋畑を引き継いだ。
 菊芋は北米原産で多年草。地下茎の膨らみを食用とし「イヌリン(水溶性食物繊維)」を多く含み、血糖値上昇を抑制、腸を活性化、血圧低下の効果も期待されるダイエット食品としての評価。株は毎年植え替え、有機肥料をたっぷり与え、1株から約5㌔、1反(10㌃)あたり約1トンを収穫することができる。耕作面積は、放棄地などを借り受け、年々増え、現在、4町(4万平方㍍)になり「日本一ですね」と云われる。併せて栽培方法や人体への機能解明研究もすすむ。

 菊芋は畑から掘り出すのも大変な作業だが、水で土を除く洗いも難儀する。しかし「芋は洗って洗い尽くし、土を残さないよう芋を磨きます。土が無ければきれいな芋は保存も長く保てます」と、こだわる中安さん。
 きれいな菊芋のエピソードがある。TV番組「所さんの笑ってこらえて!ダーツの旅に出ます」の収録で、所ジョージさん1行が取材に来られた折、所さんが、積んであったきれいな菊芋を手に取って、生のまま齧った。すると「梨のようだ!」と驚いた様子。やはり磨かれた美しい芋だからこそ手が伸びたのであろう。

 芋づくりの仲間も、年々、増えてきた。さらに「注目の健康野菜、キクイモ」として「林先生の初耳学」や「たけしの家庭の医学」、「名医の太鼓判」などにも登場した。糖尿病や便秘解消などの食材として紹介されるなどメディアも熱い視線を注ぐようになった。シャキシャキ食感の菊芋パワーは広がる。上城井小学校の児童らの「菊芋づくり」体験学習も始まった。健康に効く!芋としてドレッシング、ふりかけ、パウダー、ピクルス、茶、パンなど、煮て、焼いて、炒めて、揚げて、漬ける万能食材として好評。この活動推進の力は合同会社「豊築マルシェモンステラ」のGセブン(7人のガール)が源のようだ。

by inakasanjin | 2024-02-23 09:00 | 田舎日記 | Comments(0)