人気ブログランキング | 話題のタグを見る

頼山陽が名付けた「耶馬渓」 

 2018年は文政元年(1818)に頼山陽が「耶馬渓」と名付けて200年。大分県中津市を流れる山国川沿いの台地浸食で出来た奇岩連なる絶景の「山国谷」を訪れた頼山陽は、その地に中国風の文字を宛て「耶馬渓天下無」と詠んだ。耶馬渓の名の始まりである。大正5年(1916)に大沼(北海道)三保の松原(静岡)と「日本新3景」に選ばれた。

 後、寒霞〈かんか〉渓(香川)と妙義山(群馬)で「日本3大奇景」と呼ばれ、猊鼻〈けいび)渓(岩手)と嵯峨渓(宮城)で「日本3大渓」さらに日光(栃木)と嵐山(京都)で「日本3大紅葉の里」として親しむ、まさに名勝。昭和25年(1950)に耶馬日田英彦山国定公園に指定された。地名が付いて百年後、景色に「物語」が加わって以降「耶馬渓」の名は全国に知れ渡った。名作が多くの人を惹き付けることになった。


 大正8年(1919)菊池寛『恩讐の彼方に』が上梓されると「耶馬渓詣」が増えた。物語は、羅漢寺の禅海和尚がノミ1本で難所の岩盤を開削、隧道(青の洞門)を完成させる苦難の伝承に基づいたものだった。各地から多くの人が「青の洞門」に足を運んだ。


 頼山陽(1781~1832)は、大阪生まれの漢詩人、文人であり幕末の尊王攘夷運動に影響を与えたという『日本外史』を著した歴史家、思想家であった。京都に居を構え、著述を続けた。九州旅行では廣瀬淡窓らの知遇を得、田能村竹田らとも交流を図った。

 今、詩吟や剣舞で川中島の戦いを描いた彼の漢詩「題不識庵撃機山図」が馴染み深い。


   鞭声粛粛 夜河を過る 暁に見る千兵の 大牙を擁するを 

   遺恨なり十年 一剣を磨き 流星光底 長蛇を逸す  (川中島)


 頼山陽は「行けば行くほど景色は良くなり、群峰が渓水をはさんで連なって」(『耶馬渓図巻記』)と凝灰岩や熔岩などからなる大地を記し、訪ねた古寺の上人には「あなたの郷里の山水は絶佳だ」と風景美を称賛。そして現在「本」「深」「裏」「奥」「椎屋」「津民」に耶馬渓の名が付く。過去には「羅漢寺」「麗谷」「東」「南」もあり、10の渓谷は「耶馬十渓」と呼ばれており、山国郷全域の民は素直に〝耶馬渓〟を受け入れていたようだ。

 平成29年(2017)耶馬渓は「やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく」として文化庁の「日本遺産」に指定された。景色を守り育ててきた成果だろう。


by inakasanjin | 2022-04-15 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)