人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天皇陛下の「御製」を掬う 

 天皇陛下が詠まれる和歌を「御製(ぎょせい)」という。上代から皇族や貴族は歌を詠んだ。江戸時代、宮中で「歌会始の儀」が始まり、明治7年(1874)から国民の詠進も認められ、昭和22年(1947)には国民参加の文化行事になった。天皇の御製を掬う。


▼明治天皇(1852~1912)諱・睦仁、称号・祐宮、印・永。

     よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ

     まぢかくもたづねし民のなりはひをこよひ旅ねの夢にみしかな

     つはものはいかに暑さを凌ぐらむ水にともしといふところにて


▼大正天皇(1879~1926)諱・嘉仁、称号・明宮、印・壽。

     村雨にぬれたる庭の竹垣をしづかにのぼる蝸牛かな  

     国のためたふれし人の家人はいかにこの世をすごすなるらむ

     おしなべて人の心のまことあらば世渡る道はやすからましを


▼昭和天皇(1901~89)諱・裕仁、称号・迪宮、印・若竹。

     降り積もる深雪に耐えて色変えぬ松ぞ雄々しき人もかくあれ

     身はいかになるともいくさとどめりただたふれゆく民をおもひて

     あめつちの神にぞいのる朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を


▼平成天皇(1933~)諱・明仁、称号・継宮、印・榮。

     いにしへの人も守り来し日の本の森の栄えを共に願はむ

     うち続く田は豊かなる緑にて実る稲穂の姿うれしき

     木漏れ日の光を受けて落ち葉敷く小道の真中草青みたり


▼今上(令和)天皇(1960~)諱・徳仁、称号・浩宮、印・梓。

     雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰の峰に

     復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり

     学舎にひびかふ子らの弾む声さやけくあれとひたすら望む


 天皇の言の葉は、国の民への思いを詠み込んだ歌が多い。時代を共に生きて民の平安を願う思いが伝わる。戦があり、禍があっても「象徴」の生きる姿を、お見せになる。


by inakasanjin | 2022-03-11 09:00 | 文学つれづれ | Comments(0)