人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マラソン円谷幸吉選手の遺書 

 昭和39年(1964)の東京五輪マラソンで円谷幸吉選手(1940~68)は銅メダルを獲得した。ところが、メキシコ五輪開催年の昭和43年1月9日、自衛隊体育学校宿舎の自室で頚動脈をカミソリで切り自殺した。享年27歳。遺書が残されていた。


 父上様母上様三日とろろ美味しうございました。干し柿もちも美味しうございました/敏雄兄姉上様おすし美味しゅございました/勝美兄姉上様ブドウ酒リンゴ美味しうございました/巌兄姉上様しそめん南ばんづけ美味しうございました/喜久造兄姉上様ブドウ液養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました/幸造兄姉上様往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴルいか美味しうございました/正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした/幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、立派な人になってください/父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません/何卒お許し下さい/気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません/幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました。


 円谷は、父の教えを守って「後ろを振り向くことをしない」レースをした。そして銅メダルは陸上競技で戦後初めての「日の丸」掲揚だった。一夜にして日本の英雄になった。

 彼は期待される英雄として日々を送ったが、様々な不運に見舞われ、重圧の刃に勝てずに自ら命を絶った。人々の歓声は非難に変わったが、二人の作家は彼を慈しみ守った。


  (略)繰りかへされる「おいしゅうございました」といふ、ありきたりの言葉が、じつに純ないのちを生きてゐる。そして遺書全文の韻律をなしてゐる。美しくて、まことで、かなしいひびきだ(略) 川端康成「円谷幸吉選手の遺書」


  (略)傷つきやすい、雄々しい、美しい自尊心による自殺で、この崇高な死をノイローゼなどという言葉で片づけたり、敗北と規定したりする、生きている人間の思い上がりの醜さは許しがたい(略) 三島由紀夫「円谷二尉の自刃」


 人生はマラソンといわれるが、途中棄権の苦しさ、辛さは本人が一番わかっている。


by inakasanjin | 2021-08-27 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)