人気ブログランキング | 話題のタグを見る

良寛和尚の歌ものがたり

 良寛(1758~1831)の辞世句は「散る桜残る桜も散る桜」と「うらを見せおもてを見せて散るもみじ」の2句といわれ、多くの人に知られる。また歌も多く詠んだ。

 良寛は越後国出雲崎(現新潟県出雲崎町)の名主・神職の子として生まれた。18歳で突然出家。曹洞宗の修業を始め、道元禅師(1200~53)の教えに従い、妻子を持たず、寺も構えず、物も持たない清貧の思想を徹底した。難しい説法を行わず、質素な生活を示しながら庶民に解り易い仏法を説いた。特に「子供の純真な心こそが誠の仏の心」と、子供を愛し、子供らとかくれんぼや手鞠をついたり、よく遊んだ。書をよくし、子らから「凧に字を書いて」には「天上大風」と揮毫した。作句もした。詠み遺した歌ものがたりを見る。


    この里に手毬つきつつ子供らと遊ぶ春日は暮れずともよし

    月読みの光を待ちて帰りませ山路は栗のいがの多きに

    歌もよまむ手鞠もつかむ野にもいでむ心ひとつを定めかねつも

    不可思議の弥陀の誓ひのなかりせば何をこの世の思ひ出にせむ

    我ながら嬉しくもあるか弥陀仏のいますみ国に行くと思へば


 良寛70歳の折、長岡藩士の娘で30歳の貞心尼(1798~1872)が良寛の人柄を慕って訪ねて来た。良寛不在。で、手鞠に「師常に手まりをもて遊び給ふとききて奉るとて、これぞこの仏の道に遊びつつつきや尽きせぬ御法なるらむ」の歌を添えて帰った。

良寛は帰省して貞心尼の遺した和歌を見て返歌を贈った。


    つきてみよひふみよいむなやこゝのとをとをとおさめてまたはじまるを


 貞心尼編纂の歌集『はちすの露』には良寛と貞心のかけあい和歌が編まれている。


    君にかくあい見ることのうれしさもまだ覚めやらぬ夢かとぞ思ふ  貞心

    夢の世にかつまどろみて夢をまた語るも夢もそれがまにまに    良寛

    誘いて行かば行かめど人の見てあやしめ見らばいかにしてまし   良寛

    鳶はとび雀はすずめ鷺はさぎ烏はからす何かあやしき       貞心


 良寛の辞世歌は、道元の歌に拠る「形見とて何か残さん春は花夏ほととぎす秋はもみじ葉」と「良寛に辞世あるかと人問はば南無阿弥陀仏と言ふと答へよ」の2首が遺るという。


by inakasanjin | 2021-05-07 09:00 | 文学つれづれ | Comments(0)