人気ブログランキング | 話題のタグを見る

誰もが知る「世界一有名な歌」

 世界中の子どももお年寄りも誰もが知っていて、誰もが唄ってきて、これからも唄うだろう「世界一有名な歌」を知っていますか、と問われ、すぐに回答できなかった。答は簡単、まさに万人共通の歌で、生活のそばにある「ハッピーバースデートゥーユー」だった。

 歌は1893年、アメリカのヒル姉妹(姉=ミルドレッド・J・ヒル/妹=パティ・S・ヒル)の作詞・作曲「Good Morning to All」のメロディーが原曲と言われる。姉妹が経営する幼稚園の子ども達への挨拶として創られた歌という。


 Good Morning to you

 Good Morning to you

 Good Morning.dear children,

 Good Morning to all              


 歌が「おはよう」から「おめでとう」に替わったのは1924年、童謡の音楽本出版の折、1番だけでは短いと、当時、替え歌で流行っていた「Birth」を追加すると2番の方が有名になり「Happy Birthday to you」として歌い継がれた。

 ところが、替え歌がメジャーになった「Happy・・」の歌が広まるにつれ「著作権使用料」問題などで歌は紆余曲折を経ることになる。裁判沙汰にもなり、結果、著作権は「歌に関する一切の権利について無効」の判決が下された。そして、晴れてパブリック・ドメインの「みんなの歌」になったのは2016年のようだ。歌の歩みもいろいろなんだ。


 ところで、日本一唄われる歌はと訊くと、ある調査のシングルランキングでは「♪毎日毎日 僕らは鉄板の 上で焼かれて 嫌になっちゃうよ ある朝 僕は 店のおじさんと・・」の子門正人「およげ!たいやきくん」(高田ひろお作詞・佐瀬寿一作曲)だそうだ。またカラオケランキングでは「♪NO1にならなくてもいい もともと特別なOnly one 花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね・・」のSMAP「世界に一つだけの花」(槇原敬之作詞・作曲)というが、議論激論の結果、やはり日本一の歌は、日本の国家「君が代」だろう、になったそうだ。 

 ♪ 君が代は千代に八千代にさざれ石のいわおとなりて苔のむすまで


by inakasanjin | 2020-11-27 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)