人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふたりの母は、やはり偉大

 慶應義塾大学は、中津藩士の福沢諭吉(1835~1901)が、安政5年(1858)に東京の藩邸に開いた「蘭学塾」が起源。慶応4年(明治元年=1868)の塾移転の際、年号を採って「慶應義塾」とした。また早稲田大学は、佐賀藩士の大隈重信(1838~1922)が、蘭学校の北門義塾の意志を継いで明治15年(1882)に東京専門学校を設立。後、明治35年、大学昇格を機に、校名を大隈が暮らす「早稲田村」に拠ったとされる。九州男児2人が、2大私学を開学した。2人の幼い頃の母との関わりを追ってみる。

 諭吉は、5人兄姉の末っ子に生まれ、1歳半の時に父親が病気で亡くなった。母・お順は5人の子を女手一つで育てた。彼の『学問のすゝめ』に母の深い愛情と優しい姿が記されている。あるエピソードでは、誰もが嫌がり、寄りつかない乞食娘を母は良く面倒を見ていた。娘が来ると、いつも縁側に座らせてシラミを取ってあげた。そのシラミを小石で潰す役が諭吉だった。ある日、彼が「気分が悪くなりました」と横を向くと、母は「シラミを取ってもらうと気持ちがいいからでしょ、自分では取れないんですよ」といい「できる人ができない人のためにしてあげる、これは当たり前のことでしょ」と諭した。この原点があるからこそ〈天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず〉や〈人に貴賎はないが勉強したかしないかの差は大きい〉などの名言が出てきたのだろう。彼は「徳育」を大事にした。

 重信は、幼い頃はすぐに泣く甘えん坊で母っ子だった。5人弟妹の長男で12歳の時、父が亡くなった。しかし母・三井子は伴侶の突然死にも拘らず、気丈に女手で子を育てた。

 子育てではいくら狼藉しても責めたり、叱ったり、咎めたり一切しなかった。ただ5つの教え「①ケンカをしてはいけません②人をいじめてはいけません③いつも先を見て進みなさい④過ぎたことをくよくよ振り返ってはいけません⑤人が困っていたら助けなさい」を子らに伝えた。母は家に子の友がたくさん遊びに来ると、心から歓待して手料理を振る舞った。とにかく人を愛した母の心根が、彼の政治の世界にも影響を与えていたようだ。2度の総理大臣を務め、暴漢に襲われて右足を失っても〈愛国の精神をもって行動したる志士なり〉と暗殺未遂犯を称賛した。これは母の底知れぬ人類愛を受け継いだもののように思える。

 ふたりの母は、やはり偉大である。子は母の教えを守って〝両雄並び立つ〟ている。

 

        


by inakasanjin | 2020-09-18 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)