人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「かごめかごめ」と明智光秀

 歴史の世界を覘くと奇説、珍説、迷説など諸説入り乱れて賑やか。
 2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、謎の人物で「天下の謀反人」といわれる明智光秀(生没年不詳)が主人公で展開する。光秀は、清和源氏の土岐氏の流れを汲む明智氏の生まれで生年不詳。生誕地も諸説あるが美濃国(岐阜県可児市)だという。斎藤道三に仕え、後、越前国の朝倉義景を頼った。また細川藤孝(幽斎)らと親交を結び、足利15代将軍・義昭にも繋がり、室町幕府の幕臣として仕え、教養を身につけた光秀は、武士の嗜みである連歌も詠んだ。
 天正10年(1582)5月28日の「愛宕百韻」の連歌会で、光秀は「ときは今あめが下しる五月かな」の発句を詠む。これは、日を置かず6月2日に蹶起して織田信長を討つ「本能寺の変」の決意だとされる。歌は「ときは今(土岐は今)あめが下しる(天下を知る)」となり「土岐氏が天下を盗る」の解釈。
 しかし光秀は豊臣秀吉に追われ「山崎の戦い」を経て、落ち武者狩りの土民に竹槍で刺され絶命したなどの他、生きのびて南光坊天海となり、徳川家の後見役として活躍したという咄が、まことしやかに伝わる。没年も不祥だ。
 そして天海作だという「かごめかごめ」は、巷で親しく唄われ時を繋いできた。

   かごめかごめ/籠の中の鳥は/いついつでやる
   夜明けの晩に/鶴と亀が統べった/後ろの正面だあれ 

 歌の「かごめ」は籠の編み目で6角形。これは江戸城(東京)日光東照宮(栃木)駿府(静岡)土岐(岐阜)明智神社(福井)佐渡金山(新潟)の6地点を繋ぐ。「籠の中の鳥」は「トキ=土岐」。それに「いつでやる」は「いつ復活か」であり「夜明け」は「日光」で、東照宮の屋根にある鶴(福井の明智神社)と亀(丹後の亀山城)を「統べった」家光が天下統一を成す。それで「後ろの正面」にある本徳寺(大阪府岸和田市)には「光秀の肖像画」を飾ると聞く。そんな意味を持つ歌として「だあれ」は「明智光秀」だそうだ。
 さらに徳川3代将軍・家光の乳母として権勢をふるった春日局は、光秀の家臣・斎藤利三と光秀の妹の娘であることから〝光秀天海説〟も信憑性がでてくる。光秀の1首。

  心しらぬ人は何とも言わば謂え身をも惜しまじ名をも惜しまじ

 幻の光秀が麒麟とともに「徳川三百年」の泰平の世づくりをした奇説があってもいい。 

by inakasanjin | 2020-07-03 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)