人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岸壁の母 

 TVの歌番組を観ていた妻が「涙がでましたよ」と云う。子育てを終え、義父が逝き、孫が生まれて老齢に達した今「岸壁の母」を聴き、しみじみ身に沁みたようだ。
 この歌は明治32年(1899)石川県で生まれた端野いせ(82歳で没)さんがモデル。終戦後、昭和25年から6年間、東京で「戦死告知書」を受けても、猶、息子の生存と復員を信じ、ソ連の引揚船が京都の舞鶴港に入港する度、岸壁に立った。

  母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと知りながら 
  もしやもしやに もしやもしやに ひかされて 
  また引揚船が帰って来たに、今度もあの子は帰らない、この岸壁で待っている
  わしの姿が見えんのか、港の名前は舞鶴なのに何故飛んで来てはくれぬのじゃ、
  帰れないなら大きな声で、お願い、せめて、せめて、一言……
  呼んで下さい おがみます あゝおっ母さん よく来たと 海山千里と云うけれど 
  何で遠かろ 何で遠かろ 母と子に
  あれから十年、あの子はどうしているじゃろう、雪と風のシベリアは寒いじゃろう、
  つらかったじゃろうといのちの限り抱きしめて、この肌で温めてやりたい、
  その日の来るまで死にはせん、いつまでも待っている……
  悲願十年 この祈り 神様だけが知っている 流れる雲より 風よりも
  つらいさだめの つらいさだめの 杖ひとつ 
  ああ風よ、心あらば伝えてよ、愛し子待ちて今日も又、
  怒涛砕くる岸壁に立つ母の姿を……

 息子の帰りを待つ母の姿がマスコミに取り上げられ、昭和29年、藤田まさと作詞、平川浪竜作曲、室町京之介台詞「岸壁の母」が、菊地章子の歌でテイチクから発売されて大流行。後、昭和47年にはキングから出された浪曲調の二葉百合子のレコードが大ヒット、国民的歌謡になった。映画(中村玉緒)やTVドラマ(市原悦子)にもなり、母の子に対する純真な愛は息長く歌い継がれている。
 いせさん没後の2000年、岸壁に立ち、帰還を待ち続けた息子さんが上海で生きていたことが判った。母の「もしやもしや」の思いは真実だった。母は強しだ。


by inakasanjin | 2020-06-26 09:00 | 田舎日記 | Comments(0)