人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本ワインのルーツを探す

 歴史にはまだまだ隠れた真実が眠っているようだ。雑誌「BRUTUS」(2015年10月15日号)を見て驚いた。
 特集「世界に挑戦できる日本ワインを探せ!」のなかに「日本ワインの醸造は細川忠興によって始まった!」があり、細川家18代当主・細川護熙さんのインタビューに「ブドウを栽培した具体的な場所が、現在の住所でいうと福岡県京都郡みやこ町の旧大村だったことがわかった」とある。まさか、日本ワインのルーツがみやこ町だった、となると、まさに地域おこしには格好の素材になる。で、ルーツを探す。

 日本ワインの歴史を繙くと、古くからブドウ栽培が盛んだった山梨甲府の山田宥教と詫間憲久が、書物や来日外国人からの伝授で明治7年(1874)にワイン醸造が試みられたのが最初だと云われ、明治10年には土屋龍憲と高野正誠がフランスに渡って醸造技術を学んで帰国後、ワイン造りに力が注がれた。この解説が一般的だった。
 だが平成2年(1990)刊行の永青文庫(熊本藩主細川家伝来の美術品、歴史資料、蒐集品などの展示、研究を行う)の「日帳」(『福岡県史』収録)古文書から日本ワインの歴史を覆す記述が確認された。江戸時代初期で3代将軍徳川家光治世下、細川家が小倉藩を治めていた時の記録からだ。寛永5年(1628)から7年の細川小倉藩「日帳」に見えるぶどう酒製造に関する記述を抄録する。眠っていた資料である。藩の〝ワイン奉行〟もいたようである。

 寛永五年九月十五日 上田太郎右衛門ニ、仲津郡ニ而ぶどう酒被成御作候手伝ニ、御鉄炮友田次郎兵衛与中村源丞遣候、御郡ニ而、がらミ薪ノちんとして、五匁・銭五貫文ヲ遣候(略)さけ作ならひ候へと申付遣、今度ハ江戸へ上田忠蔵被召連候(略)
 寛永六年十月一日 上田太郎右衛門登城ニ而被申候ハ、ふたう酒二樽被仕上候、手伝ニハ、竹内与谷口次左衛門尉と申者也、仲津郡より今晩持せ来候事。
 寛永七年四月十四日 歩之小姓海田半兵衛登城にて被申候ハ、今度ぶどう酒の御奉行に、高並権平被仰付候へとも、まえかとより拙者仕つけ申候(略)

 藩庁記録「日帳」にワインの原料は〝がらみ〟とある。がらみは緑色の葉に覆われ見つけにくい、野ぶどうに似た野の果実。実は黒色で中はワイン色、皮と実は甘酸っぱい優しい味という。みやこの里で、ワインの原点〝がらみワイン〟の再興を願うばかりだ。


by inakasanjin | 2020-05-22 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)