人気ブログランキング |

 豊前国の戦国大名・宇都宮鎮房(一五三六~八八)は、豊臣秀吉(一五三七~九八)の命により黒田長政(一五六八~一六二三)から中津城で謀殺され一族が滅ぼされた。原因の一つに秀吉から求められた「小倉色紙」の提出を拒んだからだとの説がある。小倉色紙とは藤原定家(一一六二~一二四一)筆といわれる「小倉百人一首」の色紙である。
 なぜ宇都宮家に「小倉色紙」があるのかは、時代を遡らなければならない。
 小倉色紙(=小倉山荘色紙和歌)は、鎌倉時代前期の武士・御家人であり歌人であった宇都宮五代当主・宇都宮頼綱(一一七八~一二五九)に起因する。彼は源頼朝の乳母に育てられ、同族である藤原定家とは、娘を嫡男に嫁がせるほど親交が深かった。頼綱は元久二年(一二〇五)に三代将軍・源実朝への謀反嫌疑をかけられるが、鎌倉政庁の追討からは逃れた。後、謀反の意がないことを陳述、出家し法名・蓮生を名乗った。京都嵯峨野の小倉山麓に庵を設けて隠遁した。彼は父親譲りの歌人として優れており、京都歌壇、鎌倉歌壇とともに日本三大歌壇といわれるほどの宇都宮歌壇の礎をそこで築いた。
 文暦二年(一二三五)頼綱は小倉山荘の襖装飾に貼る色紙を定家に依頼した。その要請を受けて、定家は天智天皇をはじめとする古今歌人の和歌一〇〇首を選んだとされる。
 藤原定家が「小倉山荘で編纂」し、色紙染筆の「小倉色紙」が「小倉百人一首」と呼ばれるようになった。色紙は、珍重がられ、価格も高騰、贋作も多く出回ったそうだ。
 宇都宮家には「小倉色紙」が伝わった。京都や下野、豊前などの地を治めた宇都宮一族に「色紙」は受け継がれていた。豊前に伝わった「色紙」が秀吉との軋轢を生むことになったと言われる。もし定家の「色紙」が一族を滅ぼしたというのであれば余りにも悲しい。
 ところで、蓮生(宇都宮頼綱)の詠んだ歌が残っている。

   さてもまた忍ばむとこそ思ひつれたが心よりおつる涙ぞ
   甲斐が嶺ははや雪白し神な月しぐれて越ゆるさやの中山
   いかにせむ身に七十路の過ぎにしを昨日も思へば今日も暮れぬる

 小倉百人一首は「歌がるた」として親しまれている。それに「宇都宮」の悲劇が隠されているとするなら郷土武将だけに身につまされる、が、なぜか「百人一首」が近しく思える。


# by inakasanjin | 2020-03-27 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 令和元年(二〇一九)五月一日から「令和時代」がスタートした。平成三一年四月一日に発表された新元号「令和」の出典は「万葉集は幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書」(安倍晋三首相談)からと説明された。
 延暦二五年(八〇六)に完成したという『万葉集』の「梅花の宴―序」に記す。

  初春令月(初春の令月にして)
  気淑風和(気潔く風和ぎ)

 この「令月」と「風和」から二四八番目の元号「令和」が導かれた。ところが、これまでの元号は中国古典(漢籍)からだったのが、初めて「国書」からと、あまりにも国書、国書と喧伝するものだから、その嵐の中に一矢が放たれた。それはどうかな、という意見だ。
 中国で六世紀編纂の詩文集『文選(もんぜん)』に地震学の先駆と言われる科学者で文人の脹衡(ちょうこう七八~一三九)が『歸田賦(きでんのふ)』(一三八年頃作)に記す。

  仲春令月(仲春の令月)
  時和気清(時和して気清し)

 また『歸田賦』が中国の五経(易経・書経・詩経・礼記・春秋)の中の『礼記』から影響を受けているとされ、『礼記』の「経解篇」と「月令編」に興味深いフレーズがある。

 「発号出令而民説(天子が命令を発し人々が幸せになる)
  謂之和    (即ちこれを和という)」  ――経解篇
 「命相布徳和令(臣下の相に命じて徳政を敷き勅令を公布)」――月令篇

 さらに『万葉集』の記述は、中国の書聖・王義之(三〇一~六一)の『蘭亭序』(三五三年作)の「天朗気清 惠風和暢(空晴れ渡り空気澄み 春風のびやかに流れる)」にも拠るという。結果、元は中国の『四書五経』に辿りつく。そもそも漢字が中国伝来なので、純粋に「国書」から出典というのは難しいようだ。今回、元号選考終盤になって「令和」が追加された案だと漏れ伝わるのが妙だ。ただ江戸時代に「令徳」案が出され「徳川に命令」との意味ありと幕府が撤回させたという。だったら「令和」は「和(日本)に命令」となるが、どんな議論になったのだろう。「令」「和」ともに「0(ゼロ)」からの出発だろう。

# by inakasanjin | 2020-03-20 09:00 | 田舎日記 | Comments(0)

 令和二年(二〇二〇)三月一一日の政府主催による東日本大震災(死者・行方不明一八四二八人)の追悼式が新型コロナウイルス感染防止のため中止になった。阪神淡路大震災(一九九五年一月一七日/死者・行方不明六四三七人)しかり、毎年の〝命日〟は追悼の日。自然災害による被災は宿命として理解するが、人為による被災は怨念と後悔が募る。
 二〇〇一年九月一一日の米国同時多発テロ(死者二九九六人)など人が人を殺す〝被害〟は無くさなければならない。国と国の戦争で人が人を殺す行為も絶滅しなければならない。 
3・11に関連して「東京大空襲3・10」を「忘れてはなるまい」と「忘れ去られている」事象を、改めて、あるメディアが取り上げていた。大空襲による〝被害〟を追う。
 昭和二〇年(一九四五)三月一〇日、午前〇時八分から二時三七分まで〝東京帝都〟は米軍のB29大規模空爆で「下町」を中心に死者(一〇万人超)負傷者(一一万人余)被災者(一〇〇万人超)がでた。二時間余の人為災害の〝被害〟は自然災害の比ではなかった。
 太平洋戦争終結までに空襲による日本人の死者は総計三〇万人超といわれ、原爆による広島(死者一四万人余)と長崎(死者七・四万人余)を加えると五〇万人を超す。これは外国のドイツ・ドレスデン大爆撃(死者一・八万人余)やイギリス・ロンドン空爆(死者二万人余)に比べると、日本の被った空爆被害が如何に異常なものかがわかる。
 とにかく東京大空襲が「山の手」ではなく住宅密集地の「下町」を狙って実行されたのは、焼夷弾爆撃が攻撃対象を焼き払うことを目的としており、まさに東京を焼け野原にしてしまうことだった。人が逃げ遅れ、焼け焦げて転がったまま、逃げ延びた先の河原でも折り重なった死体は、狂気ただよう悲惨な光景として記憶に刻まれた。地獄の景色が広がった。
 米国による焼夷弾攻撃は、日本家屋が木造で燃えやすい構造であることを踏まえ、詳細なデーターを収集、解析を行い、模型を作ってアリゾナ州の沙漠で実験を繰り返した後の「東京空襲作戦」といわれる。米国の「組織的かつ徹底的な分析作業」を進めての実戦は「やることなすこと場当たり的」な日本とは比較にならないだろう。何事も同じだ。
 今、大きな犠牲のあった「東京大空襲」に、日本国民のどれほどの人が想いを寄せているだろうか、公的な慰霊碑さえない。忘れてはならない「3・10」を「忘れまい」。


# by inakasanjin | 2020-03-13 14:58 | 田舎日記 | Comments(0)

ごあいさつ

 梅も盛りを過ぎて、もうすぐ桜の季節になる。そんな季節の片田舎から「花の金曜日」に自由な「つぶやき」が発信できればと「田舎散人のつぶやき」を始めます。
 私は、日々の雑感を毎日綴っています。朝の起床から就寝までの「1日日記」とは別に、3日に1篇の割合で家庭、郷土、社会、政治など、日々これはと思う事象を調べ、訊き、訪ねて千字文にまとめる「田舎日記」を書き記しています。
 これまで『田舎日記・一文一筆』(108篇・書家と共著)『田舎日記/一写一心』(108篇・写真家と共著)『平成田舎日記』(365篇)を刊行することが出来ました。
 108煩悩に因る想いをと、10年余をかけて1080篇を目指してきて、「令和」に入って目標の1080を超えました。書き続けて「いかに物事を知らなかったか」という思いが増しました。だから、今「学びなおしをしている」との気持ちが強くあります。学びは空気みたいなものかもしれない。1篇、1篇が1つ、1つ納得する日々でもあります。
 ここに「花乱社」HPに「田舎散人のつぶやき」ブログを開設させていただき感謝この上ありません。どうか、皆さまと共に「学びなおし」ができればと願っています。
田舎散人 光 畑 浩 治   

# by inakasanjin | 2020-03-13 14:32 | ごあいさつ | Comments(0)