人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 令和3年(2021)7月、福岡県行橋市歴史資料館で「須可捨焉乎・・・炎の女流俳人竹下しづの女」企画展が開かれた。昭和26年(1951)に亡くなって70年を祈念しての展覧会である。郷土に残る短冊や関係資料を展示したもので、しづの女の時を刻んだ歩みが偲ばれる。この企画展に「しづの女、3つの碑」を寄稿した。記録を残す。


  「しづの女、3つの碑」

    女流俳句の黎明期、竹下しづの女は、大正8年(1919)次男・健次郎誕生後、

   吉岡禅寺洞主宰「天の川」を知り、指導を受け、処女作は「警報燈魔の眼にも似て

   野分かな」だった。翌年、高浜虚子主宰の「ホトトギス」に投句を始め、6月号に

   「いつも此溝破れ鍋沈み田螺かな」が初めて採られた。そして8月号で、女流俳人

   初の「巻頭」を飾った。彗星のように登場して日本俳壇をあっと言わせ席捲した。

    巻頭7句の1句が代表作となる「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎」だった。

    しづの女は、明治20年(1887)行橋市中川に生まれ、福岡女子師範卒業後、

   小学校訓導を経て師範助教諭となり国語と音楽を担当。大正元年、農学校教諭の水

   口伴蔵と結婚(養子縁組)して福岡で暮らした。2男3女を育てる傍ら学生俳句連

   盟の句誌「成層圏」で中村草田男とともに学生らに俳句を指導、若い俳人を育てた。

    昭和54年、生誕地の中川に地元有志らで顕彰句碑の建立がすすめられた。

    碑は、郷土の千仏石に、しづの女揮毫の「緑蔭や矢を獲ては鳴る白き的」が原寸

   大で刻まれて完成した。ところが前年、中川の墓地に親族らによる黒御影石に「緑

   蔭や」3文字を刻む印墓が据えられていた。また平成3年(1991)には中京中

   学校の校庭に白御影石の「ちひさなる花雄々しけれ矢筈草」が父母教師会によって

   建てられた。日々、生徒らの学びを見守っている。これは、しづの女の初句集『颯』

   の扉にある高浜虚子の序句「女手のをゝしき名なり矢筈草」と対になるもので、人

   間の逞しさを詠んだものだろう。矢筈草は、茎が丈夫で踏みつけられても、踏みつ

   けられても、なお強く育つマメ科の小さな雑草であるが、生きる夢の草でもある。

    3つの碑は、肝っ玉母さんらしくドンと、陽を浴びて郷土の土に建っている。  


# by inakasanjin | 2022-05-20 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 十数年来、中村天風(1876~1963)の「人生は心一つの置きどころ」という言葉を日々、心の糧として暮らしている。アメリカ16代大統領エイブラハム・リンカーン(1809~65)にも「人間は心のもちかた次第で幸福になれる」が遺る。


 天風は、柳川藩主の立花家の遠縁にあたり、大蔵官僚の息子として東京で生まれた。幼い頃、官舎近くの英国人に英語を習った。後、福岡の親戚に預けられ修猷館中学(現修猷館高)に入学、柔道部のエースとして文武両道に活躍した。だが、練習試合のトラブルで相手中学の生徒を刺殺、退学となった。その後、玄洋社の頭山満に預けられ「玄洋社の豹」と恐れられ、頭山の紹介で満州に渡っては馬賊と闘い「人斬り天風」と呼ばれた。

 帝国陸軍の通訳官を務めていた1906年に肺結核に罹り、北里柴三郎の治療を受けるも病状は快復せず、病気で弱くなった心を強くする方法を求めてアメリカへ渡り、後イギリス、フランス、ドイツなどを転々、各国の著名人を訪ねたが、納得の答なくて1911年、帰路に就くが途中、インドのヨガ聖人カリアッパ師と邂逅、弟子に入りヒマラヤで2年半の修行を行った。そこで結核が治癒、悟りも得た。

 帰国後、実業界に転身、活躍するものの、後に身分、財産を全て処分、街頭で心身統一法を説き始めた。92歳の生涯を閉じるまで政財界の多くの人が天風を訪ね、慕った。そうした天風の言葉は重い。


 日々の生活の中で楽しいとか、苦しいとか、思うのは自分の心。だから苦しい場面に遭遇した時「楽しいことの始まりかも知れない」と、気持ちチェンジで「苦しみ」を「楽しみ」に替えることが大事だろう。

 とにかく、この世で起きた全てのことはこの世で必ず解決するのだから「苦」「楽」は「心の持ちよう」でどうにでもなる。良いと思えば良い、悪いと思えば悪い、それを思うのは、ただ自分自身、わが心である。

 古人は「良い思いが良い実を結ぶ」といい「自分の思いが人生を創る」とも言っている。さらに「心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる」とも伝わる。

 人の命が動いてゆくものであるなら「運命」は命が運ばれてゆくところに落ち着くだろう。抗わず、与えられた時を素直に受け入れてゆく心が肝要だろう。


# by inakasanjin | 2022-05-13 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)

 いろんな分野で地道な活動をしている方がいる。3年前、福岡県築上町出身で東京在住の立命館アジア太平洋大学言語教育センターに勤めていた野元千寿子教授(68)を知った。最近、彼女から高校教科書「現代国語」(三省堂)に収録されている義父・野元菊雄「言語は色眼鏡である」の一文が届いた。

 中に「(略)外国語を学ぶということは、母語と違ったもう一つの色眼鏡でこの世界を観る時、同じ客観世界は全く別に見えることを知ることにある(略)自己の幅を広げ、自分だけをよしとする態度を反省し、他の文化への寛容を学ぶことである。これこそが世界平和の基礎となるものであろう」と記されていた。


 この1つのモノを観る視点についての論考を深める研究があるようで、その研究者として神奈川県横須賀市生まれの野元菊雄(1922~2006)教授がいた。

 彼は東大言語学科卒業後、ロンドン・サンパウロ・ハワイ大学教授などを歴任。後、国立国語研究所長時代(1988年頃)に「簡約日本語」研究をスタートさせた人物だ。これはロンドン大学時代にベーシックイングリッシュいわゆる「簡単な英語体系」をヒントにした新しい研究だったようだ。外国人の日本語学習を容易にするため「語彙数制限」や「文法を簡素」にした人工的な日本語だとされる。そして、やがては段階を追って人工言語から自然言語に近づく研究へ向かうようだ。「簡約日本語(野元菊雄)」の例文をネット検索で見つけた。


 《書き換え前》まず北風が強く吹き始めた。しかし北風が強く吹けば吹くほど、旅人はマントにくるまるのだった。遂に北風は、彼からマントを脱がせるのをあきらめた。

 《簡約日本語》まず北の風が強く吹き始めました。しかし北の風が強く吹きますと吹きますほど、旅行をします人は、上に着ますものを強く体につけました。とうとう北の風は彼から上に着ますものを脱ぎさせますことをやめませんとなりませんでした。


 グローバルスタンダードの世界にあって、今、義父の理念を受け継ぐ千寿子さんは研究発足時の「文法」重視ではなく「文型」のコミュニケ―ションを主体に置く「やさしい日本語」普及に力を注いでいる。

 ところで菊雄さんの教え子だった中国の日本語研究者・張厚泉さんの尽力によって上海の東華大学日本語研究科に「野元菊雄文庫」(野元桂顧問)が設置され、著作や資料が納められている。学びの中で生まれた人の繋がりの勁さを思う。


# by inakasanjin | 2022-05-06 09:00 | ふるさと京築 | Comments(0)

 かなり昔、長野県上田市の信濃デッサン館(現「KAITA EPITAPH残照館」)を訪ね、数点の「暗くて重い絵」を観た。何だ、この絵は。と強烈な印象。画家・村山槐多(1896~1919)の作品だった。漲る命をガランス(深い茜色)で表現、人間究極の虚無表現なのか退廃的な美を刻み、遺す。彼は、百年前のパンデミック・スペイン風邪に罹って寝込んでいたが、2月の深夜、みぞれ交じりの嵐の中に飛び出し、翌朝、畑で発見された。 


 彼は愛知県岡崎市で生まれた。名は、母が女中奉公をしていた森鷗外によって名付けられたと伝わる。また母方の従兄(画家の山本鼎)に導かれて画の道に進んだとされる。「川沿ひの道」「カンナと少女」「猿と女」「湖水と女」「乞食と女」など次々に創作を続けた。一方で名妓を援助、酒に溺れ、結核性肺炎にかかり、自死をも考える中、詩作を深め、歌も詠むなど死に向き合い、死との戦いを徹底する姿勢で創作活動に没頭。彼の詩と歌を追う。


   ためらふな、恥ぢるな/まっすぐにゆけ/汝のガランスのチューブをとって/

   汝のパレットに直角に突き出し/まっすぐにしぼれ/そのガランスをまっすぐに塗れ/

   生のみに活々と塗れ/一本のガランスをつくせよ/空もガランスに塗れ/

   木もガランスに描け/草もガランスにかけ/魔羅をもガランスにて描き奉れ/

   神をもガランスにて描き奉れ/ためらふな、恥ぢるな/まっすぐにゆけ/

   汝の貧乏を/一本のガランスにて塗りかくせ。──「一本のガランス」


   金のせき紫のせきする病われにとりつき離れざりけり


 槐多は、美術院の研究生時代、高村光太郎の工房に出入りした。光太郎の哀悼詩がある。


  槐多は下駄でがたがた上って来た。/又がたがた下駄をぬぐと、

  今度はまっ赤な裸足で上って来た。/風袋のやうな大きな懐から

  くしゃくしゃの紙を出した。/黒チョオクの「令嬢と乞食」。//

  いつでも一ぱい汗をかいてゐる肉魂槐多。/五臓六腑に脳細胞を

  偏在させた槐多。/強くて悲しい火だるま槐多。/無限に渇したインポテンツ。//

  「何処にも画かきが居ないぢゃないですか、画かきが。」/「居るよ。」/

  「僕は眼がつぶれたら自殺します。」//

  眼がつぶれなかった画かきの槐多よ。/自然と人間の

  饒多の中で野たれ死にした若者槐多よ、槐多よ。──「村山槐多」


# by inakasanjin | 2022-04-29 09:00 | 歴史秘話 | Comments(0)

 令和3年(2021)12月24日のクリスマスイブは下宮圭太郎君の33歳の誕生日になるはずだった。福岡県行橋市JR新田原駅前にライブハウス「Mr・K」が11月末、本格オープンした。ハウスは、下宮弘樹さん(60)が会社勤めのミュージシャンとして活動してきた定年後の夢であり、妻晴美さん(59)の深い想いも籠るトポスになった。


 「Mr・K」の名は、平成29年(2017)8月、宮崎県延岡市の大崩山(1644㍍)の登山事故で亡くなった長男・圭太郎君の名を冠した。彼は、オフロード仕様のバイクで野山を駆け巡り、カメラを持ち、父から贈られたギターで猛特訓するなど、何事にもチャレンジ精神旺盛な若者だった。母・晴美さんから見た圭太郎君を追ってみる。


 ──そうですね。思いだすと涙がでますね。夢も見ますよ。幼い頃を振り返ると、やんちゃな子でした。幼稚園の時、自転車に乗って行方不明、木から落ちてくも膜下出血、小学校では忘れ物が多い、とにかくワンパクで手のかかる子でした。しかし、3つ違いの弟を可愛がっていました。無鉄砲だな、と思っていましたが、学校の先生から「男気のあるお子さんですね」と言われ、何か救われました。そう、お友達の悪口を聴いたことがありませんね。

 部活は父親が卓球好きだったからか卓球部。とにかく、やりたいことは集中しました。勉強も頑張って京都高、北九州市立大、大学院と進み、卒業後は会社員として北九州で独り暮らし。趣味は伯父たちの勧めもあって山登り。それと幼い頃から怒られてばかりのおじいちゃんが本好きで「じいちゃんを尊敬していた」といい、本も読んでいましたね。ある時「自分は人に恵まれたポジティブ人間」と周りの人を讃えた。そして友達から「ユニークで面白い人、みんなの中で一番の大人でしたよ」の思いがけない言葉には驚きました。私たちには見せない息子の姿に感謝でした。また1人で、大分にある祖父の墓の掃除をして「花を供えたよ」の連絡が来るなど優しい子でした。

 亡くなる直前ですが、ギター練習を重ねた彼を連れて北九州のサウンドハウスに親子3人で行った折、父親が夢を語ると「いいやん、俺も応援するよ」と応えた。その言葉が支えですね。今、圭太郎に生かされている気がします。感謝です。──


 店の黒いシャッターにギターを抱いた圭太郎君の後ろ姿が白く描かれ、彼の好きな「seeing is believing(見たことだけを信じる)」の言葉が刻まれている。


# by inakasanjin | 2022-04-22 09:00 | 田舎日記 | Comments(1)